日焼け止めをしていて良かった!UV対策成功例の口コミ

肌老化の8割が紫外線だとも言われるなか、毎日の紫外線対策をしっかりとして美肌を保っている人もいます。

口コミその1

昔は普段から、肌が本当に白いね、すっごいきれいな肌だねと褒められました。
顔の造作はともかく、肌がきれいだとによく言われたので、自分でもそうなのかな、などとうれしくもありましたが、思春期になると、コンプレックスにもなってきました。

とにかく日焼けが大敵になってきたんです。
シミが増えてきたこと、すぐに赤くなること、海やプールに行けばやけどのようになることなどがあります。

健康的に日焼けをしたり、屋外でスポーツをするなどもできず、本当は日焼けが嫌だという理由を言えずに用事があると誘いを断ったりもしました。

そのため、比較的若い時から日焼け対策として、日傘を使ったり、日焼け止めを常備、手のカバーなどもしていたので、ちょっと変わってると思われていたかな、、などと振り返っています。

でもそのおかげでか、今でも色が白いねと言われます。
これはとても嬉しいことです。

もし若い時に自分の肌をいたわらずに無茶していたら、今はもっと老け込んだりしていたのかもな、とも思います。

肌のケアは若い時から必要だと実感しています。
特に私のように、肌が弱くて色白な方は、ちょっと過剰かなというくらいで、あとあとの肌の状態に結果が表れてくると思います。

若いといろいろケアが面倒だったり、楽しめなかったり、なんで自分だけと思ってしまうと思いますが、本当に、年を取ってから後悔してもしきれません。おばちゃんのアドバイス、ちょっと目を向けてもらえたらうれしいです。

一昔前だと、肌によくない日焼け止めを塗ってしまって余計に肌荒れしたという人がいるとも聞きます。
でも最近では、オーガニックなど成分の良い日焼け止めや、雪肌ドロップのような日焼け止めサプリ、ビタミンCのサプリなんかも出てきています。

性能の良い日傘やアームカバーなんかを使っている人も、街で見かけるようになってきました。
私が若いころよりも、格段に肌を守りやすい環境になっているなあと思います。

正直、ちょっと羨ましかったりもするのですが、この環境や美容グッズを最大限に使えば、きらいな肌を田も得るようになると思います。

紫外線は、日差しの強い夏だけではなくて、春や秋、冬にも降り注いでいます。
日差しが強くない季節は、肌には何も塗らずに日焼け止めサプリだけで過ごすなんていうのも気分が楽そうななぁと思ったりもします。

今の若い子は、一年中日焼け止め対策をしている人も珍しく無いみたいですが、できるだけ肌に負担のないカタチを選べば、さらに美肌を保てると思いますよ。

がんばってくださいね。

以上が口コミです!

雪肌ドロップのようなサプリメントや日焼け止めクリームを使って美肌を守っていきたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする