敏感肌なら

UVクリームさえ肌が荒れてしまう、そんな時には…

敏感肌だと、薬局やドラッグストアなどの市販されているもの、口コミで「効果が」とかって話題になっているものでも試せなかったりします。

色々なアイテムを使ってみたい、綺麗になりたいのに、肌荒れしていたらたまったもんじゃありません。

とくに強い日差しから肌を守ることは急務だったりするのですが、低刺激と書かれているものでもピリピリしてしまうことがあるかもしれません。

そんな時に使える、肌への負担が少ないとされている日焼け止めアイテムを紹介していきます。

日焼け止めパウダー

お化粧した上から使用できて便利でなアイテムです。
クレンジング不要で石鹸で落とせるので肌にも良くて、ココ数年で一気に広まりました。

ミネラルファンデの下地として
ミネラルファンデーションの前に下地としても使ってます。

乾燥しない、色がちょうどいいなど、自分にあう日焼け止めパウダーを見つけると毎日の必需品にもなります。

肌が弱い人でファンデーションはダメと言う人でも、パウダーなら大丈夫という人もいます。

ベビーパウダー

夏だと化粧をすると、どうしてもテカったりベタつきが気になってしてしまいます。
テカると日焼けをしやすくなるような気もしてしまうもの。

また、日焼け止め塗っても汗でのベタつきが出てくると、せっかくの日焼け止めも流れてしまいます。

そういう場合に便利なのがベビーパウダーです。
日焼け止めパウダーと違って、ベビーパウダーだと、日焼け止め成分は入っていません。でも実は、パウダーには紫外線吸収剤や紫外線吸収剤は入っていなくても、物理的に紫外線から守ってくれる効果があることが知られています。

化粧してからベビーパウダーで仕上げると、仕上がりもキレイになりテカリを抑えられます。また体もにを塗るとべたつきません。

私は日焼け予防効果を上げるアイテムとしてはかなり使えます。
かなりの敏感肌で、UVパウダーでさえも荒れるという人は、ベビーパウダーを試してみるのも一つの方法です。

雪肌ドロップ

普通肌の人ならUVパウダー、敏感肌ならベビーパウダーという選択があります。
しかし最近は、コレ以外の選択肢も増えてきています。

雪肌ドロップ、それが飲む日焼け止めです。
もはや肌につけるとかのせる云々というものではなく、内側から紫外線や日焼けによるダメージにアプローチしてくれるので、根本的に違います。

どんな日焼け止めでもアレてしまう、肌が赤くなってしまうという時には、一度飲む日焼け止めを試してみるのもアリかもしれません。

日本ではまだ新しいかもしれませんが、海外ではすでにミスコンに出ている人が使っていたりします。