日焼けについて

日焼けによって起こること

いま多くの女性が一年中気をつけていること、それが日焼けをすることです。
日焼けして肌が黒くなると困りますが、紫外線による光老化はそれだけではありません。

海やレジャーなどにいって肌が黒くなってしまっても、秋や冬になると段々と戻っていきますよね。肌が黒くなること、それ自体は肌が健康ならば本来の肌の白さは取り戻すことができます。

日焼けで起こること

本当に怖いのは、肌の真皮にまで届くと言われているUVA波です。
UVA波は、肌を黒くしません。しかし、内側からジワジワとシミやしわ、たるみの原因を作るものなんです。肌そのものを全体的に老化させてしまうものだから、今これほどまでに紫外線対策が叫ばれているのです。

シミ

夏の終わりには、新しいシミができてしまった…ということも耳にします。
年齢を重ねるとともに、いつの間にか出てくることもあるシミは、紫外線によってもしっかりと作られてしまいます。

メラノサイトによるメラニン色素の生成によってできてしまう、ということは知られています。この仕組み自体は肌を守ろうとする働きで悪くはありません。正常な肌の新陳代謝・ターンオーバーがなされていれば問題はありません。

しかし、多くの紫外線を浴び続けたり肌が弱ったり、加齢によって、できてしまったメラニン色素が剥がれることなく肌に残ってしまうことがあります。

これが、シミにあたります。
ニキビ跡をこじらしてもできてしまいますが、女性ならば極力作りたくないものですよね。

UVA波、UVB波を防ぐことで、シミの原因そもものを作らないようにしよう、というのが日焼け止めの基本的な考え方です。

シワ・たるみ

年が増えていくにつれて、多くなると言われているシワやたるみ。
ピーンと張った、若くて健康的な肌は誰もがうらやむものですよね。

実は、これらのたるみやシワも、紫外線によって加速されてしまうのです。
コラーゲンが減ってしまったり、コラーゲンに必要なエラスチンが変形してしまったりとその影響は深刻です。

だから、いまこれほどまでに多くの女性がUV対策をしているのですね。

乾燥

スキンケアで大切なことは、1にも2にも保湿!という人は多いです。
美肌で有名な女優さんも、常に肌が乾燥しないよう気を使っているという人もいるほどです。

しかし、紫外線に長時間あたることで肌は乾燥してしまいます。
太陽のもとに長時間いたらのどが乾くように、肌も水分が蒸発してのどがかわいたような状態になってしまいます。

さらに、乾燥すると紫外線のダメージも受けやすくなります。
お肌が潤っている状態なら皮脂が紫外線をガードしてくれるのですが、乾燥している状態では皮脂がないのでそのまま太陽光線が肌に当たるからです。

以上、日焼けによる肌の影響について簡単に書いてみました。
雪肌ドロップのような、塗り残しのない便利なUVアイテムを使って、美肌を保っていきたいですね。

余談ですが…

最近は、GACKT(ガクト)がスキンケアアイテムをプロデュースした商品まで出てきています。 Blancによる共同開発、コラボ商品の目元ケアアイテムということですが、かなり気になりますよね。2016年末から来年の春くらいに商品ができるとのことですが、内容やビジュアル、ともに気になるところです。 雪肌ドロップもそうですが、コスメ・スキンケア業界はどんどん進化していく感じですね!