うっかり日焼けの失敗談色々…。すべて解決するには?

うっかり日焼けの失敗談色々…。すべて解決するには?

日焼け止めの失敗談色々

日々、色々と使い勝手の良い日焼け止めを探したり、工夫をして塗って美肌を保とうとしているのですが、失敗もします。

気づいたら真っ白…

プールやレジャー、海外のリゾート地に友達なんかと遊びに行って、現地で日焼け止めを買うということもあるかもしれません。また、レジャー用にと手を付けずにいた日焼け止めなんかでも、塗ったらめっちゃ白かった…という失敗をしたこともあります。

でも、気づいた時にはもう遅くって大後悔だったりしますよね。
大体は、日に焼けるよりはマシだと思って白塗りで海やプールで遊んじゃったりするのですが、その時の写真を見るとけっこう笑えてきます。

焼けないのと肌によいのも重要ですが、真っ白にあるのはやっぱり避けたいです。

塗り忘れてしまう

これも、普段の生活よりもレジャーなどが多いと思います。
体にもしっかりつけたはずが、背中の一部だけ焼けてしまった、太ももだけ実は忘れたらしい…。ということもあります。

そして、帰ったら太股だけ真っ赤っかということもあります。
日焼け止めも、ヒドいとピリピリと突っ張ったようになることもあります。

シーブリーズをばしゃばしゃつけて、ビニール袋に氷を入れて冷やしたりするという方法もありますが、時既に遅しということもあります。

太もものような、ふだん人目に触れない部分なら良いのですが、分かりやすい腕や首なんかだと余計にショックです。

髪の毛の分け目だけ焼けてしまった

これは気付かないこともあります。
帽子や日傘を使っていないと、案外髪の毛の分け目だけ日に焼けてしまうということもあります。
わざわざ確認しないと分からない部分ですが、何気に気になってしまいます。

すべてを解決するためにはやっぱり…

そして、塗り忘れや塗りむら、頭皮の日焼け止めや白浮きや使用感。
これらの問題をすべて解決するのは、今のところは雪肌ドロップのような日焼け止めサプリなのではないかと思います。

最近は日焼け止めスプレーも人気ですが、薄付きなのでスプレーだけに頼るのは心もとないというのが正直な気持ちです。(でも、一度塗った上からやお化粧した上からなんかの、普段用の紫外線対策としては便利ですよね。)

雪肌ドロップなら全身くまなくUV対策をすることができる上、肌を覆うものではないので白うきや使用感の悪さなどもありません。

成分やアレルギーが気になる人もいると思うのですが、それについては別ページで書いてあるので見てみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする