ホワイタス、飲む日焼け止めってどう?気になる効果や感想です

雪肌ドロップと同じような飲む日焼け止めの「ホワイタス」についてです。
飲む日焼け止めって、実際のところはどうなんだろう、申し込もうかやめようか…とモヤモヤするなら、参考になれば…!

飲む日焼け止めってどうなの?

2018年も、紫外線対策といえば肌に日焼け止めクリーム、UVジェルが基本!
UVパウダー、SPF付きのファンデーションやBBクリーム、下地等もありますが基本は顔面に塗るタイプ。私もパウダーと日焼け止めクリーム併用派です。

でも、どれだけ頑張っても、塗り残しや塗り直しの少なさ、使う量の少なさなんかが出てきちゃいます。毎日頑張って紫外線対策しているのに、夏の終わりにはちょっと肌が黒くなっている気がする…

でも、当然といえば当然なのかも。
だって、日焼け止めクリームの容器に書かれているSPFの効果を出すためには500円玉以上の量がいるからです。

これ、やってみると分かるのですがけっこう大量。
普通に白浮き。パウダーを乗せても、UVクリームの種類によってはパウダーさえ、なんというかヨレちゃうくらいな量なんですよね。

成分が良い日焼け止めほど、白くテカテカしちゃったりするので困っていました。
2018年は一年中白でいたい!

飲む日焼け止め・ホワイタスでこれまでの悩みが解消!?

ホワイタスや雪肌ドロップのような飲む日焼け止めが出たので、気になり気になる…。

飲む日焼け止めです。
サプリみたいに飲むだけです。

めちゃ楽!
雪肌ドロップも、ホワイタスも、大体太陽にあたる1時間前に飲むだけです。

内側からメラニンにアプローチ

ホワイタスは、最新の研究によって作られています。
ニュートラルサンという強力そうな響きのする最新の紫外線対策成分や、私も好きなトマトにあるリコピン、11種類のビタミンやローズマリーなんかの肌にいい成分も。飲む日焼け止め以上に美肌サプリみたいな役割もあるみたい。

ホワイタスの市販品はあるの?薬局やドラッグストアにはあるの?

1番気軽に試せるのが薬局やドラッグストア、ドン・キホーテなんかです。
販売されていないかチャリンコでまわったのですが、苦労虚しく…という感じです。
楽天やアマゾンも探してみましたが、、

効果がない!?効かない?

ずっと肌に日焼け止めクリームを塗ってきたという人は多いです。
私自身も、学生時代から毎日せっせと日焼け止めを塗ったり、高めのUV加工してある日傘を塗ったりして、日々紫外線対策を頑張ってきました。

それがイキナリ「ホワイタスを飲むだけでいい」と言われたらビックリですよね。
ただ、雪肌ドロップもホワイトヴェールも「日焼け止めクリームと併用を」と書いてあるので、ソレがいんだと思います。

まさかの90日保証!

…と思いきや、販売側はかなりの強気姿勢です。
90日といえば、3ヶ月!

約1年の四分の一の期間使っても、返品していいというから驚きです。90日なんて、ホワイタス一袋を全部飲んじゃう的な期間です。たまにクレーマーが出てきて、使いきった後に返品してお金をもらう人が出てくるんじゃないか…とか心配になってきちゃいます。

飲む日焼け止めというのは、確かに新しいアイテム。
日焼け止めといえば、UVクリームがでてUVパウダーも出てきましたが、どれも「お肌に直接つけるもの」という点では、この数十年何ら変わらなかったのではないでしょうか。画期的なUV対策なのですが、やっぱりまだ最先端過ぎて浸透していないという部分を、メーカー側の自信でサポートしてくれるという感じですね。

ただ、返品の際には、商品箱と商品の容器、明細書の3つがいると書いてあります。心配な人は、買ってから90日はこの3つを無くさないように部屋のどこかにしまっておけば、返品対応してくれますよ!

ビタミンDって大事なんだ…
私も数年前まではガッツリがしがしに全身紫外線対策をしていました。
…が、ここ2−3年で、少しは陽にあたってビタミンDを体内でつくることも大事だな〜と思っています。

ビタミンDって何?

ビタミンCなら、美肌のために欠かせない!と思っている人が多そうですし、メジャーな栄養素ですよね。実はあんまり目立たないビタミンDも大切だったりします。

ビタミンDは、基本的には太陽(日光)に当たることで体内で作られる栄養素。
すごい、太陽にあたってできる栄養素なんてあるんだ…と最初はびっくりしました。

で、このビタミンDって、骨をつくってくれるんです。
実は日本人女性は、年をとると骨がもろくなったり骨粗しょう症もヤバイとか…。

それって、骨がしっかりしていなかったり骨密度が低いから。
骨折したり骨がボロボロで健康じゃなかったら、美肌どころじゃありません。

しかも、それだけじゃないんです。
骨がしっかりしてないと皮膚を支えられないから、皮膚全体のたるみにもつながる、ということを何かで読んだことがあります。

シミ・シワを紫外線対策でふせいだところで、ビタミンDが足りなければ、それ以上に顔全体がたるんで遠くからでもめっちゃ老けて見える…なんてことになりかねません。

ぶっちゃけ、多少のシミとかシワって肌のハリやツヤ、もしくは元気な表情とかでリベンジできる感じじゃないですか?

オーストラリアでもビタミンD不足は深刻らしい

日焼け止めの先進国みたいなイメージのあるオーストラリアでも、ビタミンD不足があるとか。

顔や首、デコルテの日焼けは死守したいと思うのですが、あんまり完璧に100%UV対策をしすぎるのもアレなのでしょうか…。

食べものでビタミンDをとるには?

でも、紫外線はやっぱり避けたいのがオンナゴコロですよね。
ちゃんと食べ物にもあります。

さけやサンマ、かじきなんかの魚類に多いみたいです。
あとは、干ししいたけや乾燥キクラゲとかですが、毎日取るのは難易度高し。

ホワイタスにはビタミンDが入ってる!ので、効果的に取るのはいいかも!?

飲む日焼け止めって色んな種類があります。
ビタミンDや骨の状態まで気を使ってくれる日焼け止めサプリって、意外と少ない。ホワイタスには、リコピンだけじゃなくてビタミンDも成分に含まれててオススメです。

昨年は、ウィズ・アスのUVケアサプリメント「フローレスC60フリーヴ(FREUV)」や「Dr’sホワイトセラミド」も新登場しています。